どがらじ本体の起動を管理者権限なしで起動するという変更に伴い、今までのラジオ番組予約に関して一部動作の変更があります。
0.9.12以前のバージョンでは「どがらじ」起動時に管理者権限で起動していましたが、バージョン0.9.12からは管理者権限が必要な個所の操作のみ管理者として実行するようになりました。そのため、管理者として操作が必要な場合にその都度ユーザアカウント制御の画面が表示されるようになります。

環境によって管理者権限が必要な場合と必要でない場合があります。
テスト環境ではWindows10で管理者権限は必要なく動作し、Windows7では管理者権限が必要なことが確認出来ています。

管理者権限が必要となる可能性のある操作は以下です。

  • ラジオ番組予約の情報変更時
  • ラジオ番組予約の情報削除時

ユーザアカウント制御画面が都度表示されるのが煩わしい場合は、「どがらじ」のショートカットアイコンを「右クリック→管理者として実行」で起動していただくことで、今まで同様にご利用いただけます。

★管理者権限が必要な理由
「どがらじ」ではラジオの予約録音にはWindowsのタスクスケジューラが使用されています。環境や状況によって、タスクスケジューラへのタスクの追加や削除に管理者権限が必要なためです。